手足が冷えて頭部がのぼせる冷えのぼせの症状は様々な原因はありますが体内温度の低下が一番の原因です。体を内部から温めるには毎日の食材にも気を配る必要があります。

毎日の食事から冷えのぼせを改善しませんか?私は朝起きるのが遅く朝食を食べなかったりダイエットをしたくて食事量を減らしたり生野菜ばかり食べていたんですがそれも体には余りよくなかったみたいですね%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80

冷え性の人に食事メニューを聞いて見ても食が細かったり体を温める食材は摂取してないことが多いようです。

医食同源という言葉もあるように毎日の食事から摂取する食品により病気を予防し健康に保つという意味合いがあります。元々は中国の薬食同源思想からでてきた
考えで日本で作られた造語ともいわれています。

食事は医食同源

さて毎日摂取する食材のなかには体を冷やす食材もあれば体を温める食材もあります。体を冷やす食材には主に夏野菜や果実などがあります。どちらも水分量がおおく胃腸での消化に
時間がかかるので内臓機能が冷やされ内臓温度が一時的に低下する傾向があります。

体を温める食材

体を温める食材にはスパイスや香辛野菜など刺激物とも言われるものが多い傾向があります。スパイスなどを単品で摂取することは難しいかもしれませんが
調理をするさいにひと工夫して料理をするとスパイスの効いた体に優しい料理を作る事ができます。

  • ショウガ%e6%96%99%e7%90%86
    冷えのぼせに効果がある食材の代表格・漢方薬にも使用されており体内に吸収される段階から保温を始める
  • 唐辛子
    唐辛子に含まれているカプサイシンが体温上昇に効果がある
  • コショウ
    粉状の粉末のものより轢きたてのコショウの方が効果がある
  • 山椒
    ピリリとした食感が特徴・冷え性対策の漢方薬に使われている
  • ネギ
    ネギの辛味成分が体を温める効果を発揮する
  • ニンニク
    滋養強壮に効果があり体温上昇にも効果がある
  • カボチャ
    胃腸を強くして体を温める効果がある
  • ニンジン
    体を温める効果があり血液をサラサラにして血流を良くする

まとめ

体を温める食材・香辛料を使って料理をすると無理なく体温を上昇させる効果があります。
体の体温は少しずつ高くできるように気を使ください。すぐには効果を実感できませんが
数種間・数ヶ月続けることにより体の芯から温かい感覚を実感できます。