%e5%86%ac
気温が低くなる冬は冷えのぼせになる人が多くなります冷えのぼせの原因でもある内臓温度が外気が低下する事により相対的に下がってしまい冷えのぼせの症状を発症します。冬になると外出する機会が減り筋肉による発熱が低下すら事も原因の一つです 冬の季節こそ体温低下を予防して暖める工夫が必要です。外気外気低くなるため手足やなどの末端から冷えて来きます。末端が寒いと感じたら下手に無理をせず手袋や五本足ソックスなどを使用して下さい 体はすぐに寒さに順応するので手足が寒いなと感じても少し我慢すると気にならなくなりますが、それは感覚が麻痺しているだけで少しずつ体の体温が低下する原因にもなります。体の表面温度は35℃~36℃くらいですが体の末端である手足は冷え性の人の場合25℃~26℃くらいまで低下する事もあります。これではいくら衣類を着込んでいても手足を通して徐々に体温が低下してしまいます。体の末端の手足でも保温と血流の状態によっては35℃~36℃を維持できます。




手足が暖かいなと感じるときは血流が上手く循環している証拠です。冷えのぼせを実感しているときに手足が寒いなと感じる温度は30℃以下です。冬は外気が低いぶん手足が低くなっていても気がつきづらいです。手足が寒いなと感じたら手袋やソックスを履き外気に触れないようにしてください。使い捨てカイロなどを使用しても効果があります。その際には手足の先端よりも動脈が走っている手首や足首に当てて保温すると血流の流れが円滑になり体の隅々まで熱量が走ります。また手の平や足裏を突起物を使用して軽くマッサージなどをすると刺激の反射作用によって抹消神経が刺激されポカポカと手足が温まる効果があります。