冬の寒い時期に外から暖かい家に帰って来ると耳が真っ赤に火照る事はありませんか?同じように冷えのぼせの症状を発症している時も耳が熱く火照る感じる時があります。

熱い耳が気になる

私と同じように冷えのぼせに、悩んでいる人なら解ると思うのですが冷えのぼせの初期段階で顔が火照る前に耳が熱く火照る事を経験した事はありませんか?
特に外気温度が下がる冬場は冷えのぼせになりやすい為によく耳が真っ赤に火照ったりします。見た目にも耳が熱くなっているのが周囲に解かるらしく「寒いの?」などと声をかけられることもしばしばあります。

耳が熱くなる理由

冬場は外気が冷たくなるので体が冷えやすくなるために足下などの末端が冷えて顔が火照る冷えのぼせの症状の人が多くなります。冷えのぼせの症状が出ている時に耳が熱く感じるのは耳が体の末端にあるが他の部位よりも血液が流れやすいために冷えのぼせの初期の症状が出ている時に顔が火照るよりも早く耳が熱く感じてしまいます。%e8%80%b3一般的に耳が熱く感じる時は寒い環境から温かい所に移動した際などに自律神経が乱れに交感神経から急に副交感神経に変わるため血液が多く耳に集まります。環境や自律神経の変化により耳はすぐに反応する器官です。そのため冷えのぼせの時に耳が熱くなるのもストレスや自律神経の乱れに敏感に耳が反応している状態のようですね

冷えのぼせの初期症状は耳が熱い

足下が冷たいときに耳が熱く感じる時は血液が頭部に集まっている最中なので首の付け根も熱くなっています。血圧・血管の太さ・心拍数などにより変わりますが足下が冷えているなと自覚症状が出てから5分~10分程度で血液が頭部に集まるともいわれています。%e5%88%9d%e6%9c%9f成人女性の心拍数が1分間に60回の場合、心拍数1回で70㏄ 70×60=4200㏄ たった1分で体にある血液5ℓのうちのほとんどを循環されています。しかしすべての血液が一回の心拍数で全て頭部に集められる訳ではなく足下の血液量が少なくなり頭部の血液量が増えていきます。足が冷えていると感じていてもすぐには頭部は熱くはなりませんが耳は血管量に比べて皮膚面積が少ないので冷えのぼせを発生している初期の段階から熱さを感じます。そのまま冷えのぼせの処置をしない場合は時間の経過と共に頭部全体に熱を持つようになってきます。足が冷えて耳が熱い時は冷えのぼせの症状が出始めた初期の段階です。耳が熱いなと感じたら冷えのぼせの応急処置として足元を温めて頭部(耳)を冷やしてみてくださいね