外気温度が下がる冬になると体が冷えるのか冷えのぼせになる人が多くなります。辛い冷えのぼせを少しでも少なくする方法がないか色々と考えてみました。

冷えのぼせのかかる割合

%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc
私の場合冬になると体が冷えるのか週に二・三度も冷えのぼせにかかる事がありました。
ストレスからか急に仕事中に冷えのぼせを発症することも多く冷えのぼせの症状が出てるなと感じると
どうしても顔が火照るのかボーッとしやすく集中力が減り単純なミスを繰り返してしまいます。
少しでも冷えのぼせになる回数を減らしたく工夫を重ねてみました。

冷えのぼせを発症しやすい季節

%e5%86%ac
手足が冷えて頭が熱くなるのが冷えのぼせの症状ですが、
普段から冷えのぼせになりにくい体質にする事で冷えのぼせはある程度は予防できそうです。
まずは冷えのぼせが発症しやすい時期を
Twitterのツイート日時から調べてみると気温が冷えて外気の温度が下がる冬場が多くなるのが解かりました。
春夏秋冬を比べると割合は2:1:2:5の比率になります。
外気が冷える冬場は冷えのぼせを自覚する人が多いようですね
また春と秋を比べると段々寒くなる秋の方が冷えのぼせを自覚する人は多いようです。気温が下がってくるので仕方がないのかもしれませんね

冬に冷えのぼせを予防するには

冷えのぼせを発症しやすい時期が解かったので体の温度を下げない工夫が必要だと感じました。
外気から体を冷やさないようにするためにヒートテックなど保温に優れた肌着を着用してみてください。
外気は袖口や首元、足下など外気が体の内部に侵入しやすいポイントをマフラーや手袋などでガードすると体温を一定温度に保つ事ができます。袖口からスキマ風が入って来ないだけでも随分温かく感じますよ
%e7%94%9f%e5%a7%9c
体の内部から体温を一定に保つには体の内部からも発熱しやすい食材などを積極的に摂取する必要があります。
体温を効果的に上げやすい食材として生姜・唐辛子などがあります。
特に生姜の発熱作用は少量の生姜を摂取しただけで20分後には平均1.2度の体温上昇が見込まれます。
体の大きい男性よりも小柄な女性の方が生姜を摂取した後の体温上昇効果は大きくなります。体温が低い朝方に生姜を含んだ食事やサプリメントを摂取すると一日の体温を高いままで保つ事も可能です。冬の寒い時期に冷えのぼせを予防するには体外と体内の両方を保温する事を心がけで見てくださいね。