真冬が旬で1番甘く美味しくなる長ネギ。長ネギは体を温め発汗作用があるので冷えのぼせや風邪のひき始めのゾクゾクするときに有効です。
そんな長ネギが冷えのぼせにも効果があるのをご存知ですか、風邪を引いた時にも活用できるネギの簡単な料理法をご紹介します。

長ネギは薬味野菜のような感じもしますがネギに含まれている栄養は冷えのぼせに効果がありそうです。いや本で調べたんですけどね
でもネギを料理に使うと味にアクセントができるような感じもする寒い冬に食べると体が温まる感じがします。

ネギの効能

%e3%83%8d%e3%82%ae長ネギの歴史は古く「日本書紀」にも記載のあるほどで、日本古来から食べられてきた温性の野菜です。関東では根深ネギ、関西では葉ネギやワケギなど、東西の地方によって常食される種類が異なるほど私たちの生活に親しみのある野菜の1つです。最近では群馬県下仁田特産のブランドネギ「下仁田ネギ」も全国に広まっていますね。

長ネギの効果といえば、
冷えのぼせ改善に効く温熱効果でしょう。寒気を払う効果があるので風邪のひき始めの節々が痛む時にもぴったりな食材です。また発熱の際の炎症による腫れを改善し、体内の毒素を殺菌して取り除く効果も期待できます。冷えのぼせによって腹痛を起こす人や、関節や筋肉が痛む人にも効果的です。体を温める食材として唐辛子やコショウなどの香辛料も同様の作用がありますが、長ネギは加熱すると中からじわっと水分が出てくるように、水分を保つ性質があり体を温めすぎて水分不足にしてしまうことなく潤いを保ちながら体を温めてくれます。

長ネギの栄養分はネギ類に豊富に含まれるアリシンがビタミンB1の吸収を高め、主に疲労回復に有効です。料理で使用されるのは長ネギの白い部分が多いですが、緑の部分にもβカロテン、ビタミンCなどの栄養素が多いので、捨てずによく洗って使いましょう。緑の部分を薬味として使用すれば、硫化アリルとビタミンCを効率よく体内に取り入れることができます。

冬にお勧めの長ネギの食べ方を2つご紹介します。

長ネギと大根の豚しゃぶ

%e3%83%8d%e3%82%ae%e9%8d%8b体を温めてくれる長ネギに、消化を助ける大根、ビタミンBの豊富な豚肉を合わせます。水に溶け出しやすい栄養素も全て汁ごといただける体ポカポカの一品です。風邪で食欲がない時にもオススメです。

作り方:
長ネギは5cm長さに切り、薄くスライスした大根と一緒に透き通るまで火を通し、野菜に火が通ったら豚肉をしゃぶしゃぶにしていただきます。ポン酢をつけてどうぞ。

簡単ねぎ湯

%e3%83%8d%e3%82%ae%e6%b9%af体が冷えるなと感じたら、昔から飲まれてきたおばあちゃんの知恵「ねぎ湯」で体を温めましょう。長ネギの白い部分を10cmほど、細かく刻んでお椀に入れ、味噌大さじ1を加え、沸騰したお湯を誘いで温かいうちに飲みましょう。体が温まったらすぐに床に入り体をゆっくり休めましょう。

長ネギが1本あれば汁物でも、お肉と合わせて炒め物でも、お鍋でも使い道は色々です。余ったら適当な長さに切り分け、ビニール袋に入れて冷凍しておけばいつでも使えて便利です。使うときは凍ったまま包丁で使いやすい大きさにカットしましょう。いろいろな食材に合わせやすいのでぜひお試しください。