肩が寒い、腰が寒い、足先の感覚がない、指先が凍える。
多くの女性、たまには男性もが悩まされる冷えのぼせは毎冬多くの人がどうにかしたいと思っていらっしゃるのではないでしょうか。
冬になると体の動きが硬くなり冷えのぼせが悪化する傾向がよくみられます。
そんな冷えのぼせをツボを押して改善できないか私なりに調べてみました。

冬に多い冬のぼせを簡単に軽減

%e5%af%92%e3%81%84冷えのぼせは何よりも血液の流れが滞ることで起きると言われていて、特に冬場は体を縮こませてしまうことが悪化させる原因となりがちです。
冷えのぼせを放っておくことは低体温症にもつながりますし、低体温症は免疫力の低下にも繋がるので風邪をひきやすくなったり体調不良を招きます。未病の中でもかなり怖い部類に入るのです。
また、血液は熱も栄養も運んでいますので冷えた場所はお肌のツヤも悪くなってしまいます。

対策としてはよくストレッチや半身浴で体をゆっくり動かして温めてなんて言いますが、忙しい現代人にとってそうそう簡単なことではないですよね。
ツボなら休憩時間や空いた時間で体調を改善できるのです!

冷えのぼせに効果がある背中のツボ

%e3%83%84%e3%83%9cお勧めしたいのは身柱(しんちゅう)という背中のツボで、中国では昔から冷えに効くといわれています。
余談ですが小さい子の疳の虫の特効のツボでもあります。心を落ち着ける効果もあると言われているのです。
場所は第三胸椎と第四胸椎の高さ、背中のちょうど真ん中。肩甲棘という肩甲骨の上から1/3のでっぱりを目印にするとわかりやすいかと思います。

もちろん手の冷えなら曲池や太淵、足の冷えなら三陰交や太衝などその場所の動脈に沿ったツボもあるのですが、この身柱というツボは体のほぼ真ん中にあるので、この一つで手の冷えにも足の冷えにも腰の冷えにも効果があると言えます。
心臓のすぐ後ろにあるツボなので血流の大元から温めてしまおうというものです。

%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%ad自分でお灸を据えるのは難しいですが、暖かいシャワーを当てるだけでも温熱効果は期待できますし、自動販売機で買ったホットのペットボトルや缶飲料を当てるだけでもお灸と同じ効果があるのです。
夏場のクーラーで冷えるタイプの人にもこの方法は是非試しで欲しいですね。

貼るタイプのカイロを当てることも、貼ったまま作業ができるのでかなりお勧めです。
また、身柱の背骨二つ分上にあたる第一胸椎と第二胸椎のツボは風邪の特効穴の大椎(だいつい)です。
なので身柱を温める時に大椎も一緒に温めることによって風邪の予防効果も期待されます。
シャワーにしろペットボトルにしろカイロにしろ、熱いと思う前に取り外すことを心がけてください。ツボの場所で暖かいと感じるだけでも十分に効果はあります。

まだまだ寒さが続きますが、皆さん温かくして快適に過ごされてください。