毎月の生理が不安定な事はありませんか?私も生理が20代後半から不安定になり生理不順になってしまいました。婦人科に通っている時にもしかして持病の冷えのぼせと関係があるのではないかと思い調べてみました。

生理不順ってどんな状態のことをいうの?

%e7%94%9f%e7%90%86毎月の生理が不安定だったり、生理があったりなかったりするといった場合、生理不順になっているかもしれません。 生理不順は月経の悩みで一番多いともいわれている月経の不順です。毎月規則正しくくるはずの月経がこないという不調です。

生理不順の期間は様々で、初潮からずっと不順という場合もあれば、受験が控えているという場合や、進学して新しい生活になったといった何らかのきっかけで数ヶ月間不規則な月経になったりする人もいます。また、更年期を迎える女性の症状として40代後半から生理不順になる女性もいます。

月経はホルモンの状態がきちんと働いているかどうかを知るためのバロメーターだといわれています。毎月の生理はぴったり一日も違わずに来ることはほとんどありません。同じ日に月経が来ないから生理不順というわけではなく、正常な月経周期以外のペースで月経がくることを生理不順と呼びます。

月経周期が25日~38日の場合には生理不順とは言わないのです。月経周期は前月経が始まった日から次の月経が始まる前日までの日数で表されますが、この日数が25日~38日の間になっていれば、それは正常な月経周期と考えられます。つまり、月経不順ではないといえます。

そして、生理不順になる大きな原因には冷えのぼせが関係していると言われています。生理不順の人には冷えのぼせの人が多いという事実があると言われ、手足が冷たくて顔がすぐのぼせる人の場合、冷えのぼせになっているかもしれません。

冷えのぼせの人は生理不順になりやすい傾向がある

%e3%83%8a%e3%83%97%e3%82%ad%e3%83%b3冷えのぼせがある人は生理不順になりやすいといわれ、その根拠は生理時に分泌されるホルモンの分泌に根拠があると言われています。そこで、生理不順がおこるメカニズムについて紹介します。女性が1ヶ月に1度ある生理は、卵巣ホルモンの働きで増殖した子宮内膜が剥がれ落ちるという現象です。

卵巣では、卵胞の発育や排卵、黄体の形成といった周期的な変化が起こっています。このような変化は、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンによって刺激を受けます。

脳下垂体は、間脳視床下部からの性腺刺激ホルモン放出ホルモンによって刺激されて、性腺刺激ホルモンを分泌するのです。このように、卵巣と脳下垂体はお互いにバランスをとりながら女性の生理周期を調節しているのです。

生理不順は思春期の女性にも見られ、その場合の原因は、卵巣の働きが不完全なために起こると考えられていますが、毎月ある生理にはホルモンの分泌が大きく関連しているのです。

しかし、このようなホルモンバランスは、その分泌を促す脳の機能のバランスが崩れたり、ホルモンを運ぶための血流が悪くなるとバランスが崩れやすくなるのです。そして、
冷えのぼせの原因でもある血行不良が起こると、生理不順につながりやすくなることが分かっているのです。

体が冷えると、血流がスムーズに流れたり自律神経が上手くコントロールされずに、このような不調和によって月経を司っている調節機能のバランスが乱れてしまいます。そして、月経から排卵までのプロセスをコントロールしている女性ホルモンが不安定になりやすくなります。

生理不順にならないように冷えのぼせの改善をはかりましょう

%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9以上のように、女性ホルモンの分泌量のバランスが崩れると、月経周期などの原因になると考えられており、冷えのぼせから自律神経の乱れが生じ、ホルモンの乱れとなって生理不順になるといったプロセスで、冷えによる生理不順が引き起こされるというメカニズムが私たちの体にはあるのです。

そのため、低体温症の人の体温が少し上がると、ホルモンバランスは変化して、生理不順に良い影響があったり、調子が良くなって生理周期が整ってきたといったことにつながりやすくなるのです。したがって、体が冷えないように冷えのぼせの改善が大切なポイントになります。体を冷やさないという点では、食事や運動などの習慣の改善を図ったり、規則正しい生活を行うことが大切です。

冷えのぼせの改善は、バランスの良い食生活の実践が有効といえます。その上で、冬野菜や生姜など、体を冷やしにくい食品を摂るようにしましょう。また、3食きちんと食べるようにします。無理なダイエットなどで、朝食を抜いたりするのはおすすめではありません。

また、適度な運動も大切です。運動不足になると筋肉量が減って、脂肪の量が増えます。脂肪には体を冷やす働きがありますので、必要な筋肉量の維持のためにも適度な運動を毎日摂り入れた生活を送るようにしましょう。そうすると体の体温が上がって、冷えのぼせが改善されます。
冷えのぼせが改善されるとホルモンの分泌がスムーズになって生理周期が安定してくるでしょう。

また、過度なストレスがあるとホルモンの乱れにつながると言われていますので、できるだけ穏やかな気持ちで毎日を送るようにしましょう。

体が冷えるとホルモン分泌のバランスが崩れ、生理不順になるリスクが高くなってしまいます。毎日の規則正しい食習慣や適度な運動などで冷えのぼせ改善を図りましょう。