冷えのぼせ

%e9%a0%ad%e7%97%9b%e3%81%842
冷えのぼせとは下半身の足先が冷えているのに顔を含む頭部がカッーと火照る現象をいいます。よく間違われるのは更年期障害による火照りと思われるケースですが、更年期障害と違う点は足先の冷えと連動して頭や顔が火照ると言う点です。体の一部が冷たく感じる冷え性と類似していますが、冷え性が体は常温なのに冷えている感覚を感じて意識できる状態に対して、冷えのぼせは無意識のうちに手足が冷えて頭部が火照る状態をいいます。冷えのぼせは内臓温度の低下を生命危機と認識して自律神経の体温調節が誤動作をしているのが特徴です。具体的には手足などの体の末端から血流を頭部に集めることにより頭部の体温を確保しようとします。

低体温

低体温症とは体が外気や濡れた衣服などにより冷され体の発熱が上手く機能しないために体の体温が低下する現象を差します。通常の人間の体温は体の中心部で37℃~38℃ありますが寒い外気に晒されると体の中心部に熱の確保するために手足の温度は30℃以下にもなり体の中心部でさえも35℃以下になってしまいます。体の中心部が35℃以下になると錯乱・幻覚を感じてしまい、体の中心部が20℃を下回ると凍死に至ります。濡れた衣類に冷気があたり体温が低下して低体温症になる可能性は日常生活のなかでもまれにあります。
%e5%86%b7%e3%81%88%e6%80%a7

冷え性

冷え性とは体の一部が冷やされたり体温を上げるための筋肉量が少ないために通常の体温であっても体が冷えてると感じる症状です。冷え性は体の一部がクーラーや外気などによって冷されて、体温は通常でも体が寒いなと感じる現象をいいます。冷え性の悪化が冷えのぼせの発症のするとも言われています。冷えのぼせと冷え性は関連性が高く若い頃から体を冷やす習慣で過ごしていると体の一部が冷えていると感じる冷え性になりやすくなります。冷え性の人がストレスなどによるよって自律神経が狂い冷えのぼせを発症するケースが多々あります

冷えのぼせは女性が多いのも冷え性体質が多いからです。女性の場合は貧血や血圧が低いために血流がスムーズに循環せず結果、体温が低下する冷え性・冷えのぼせになってしまいます。

まとめ
  • 冷えのぼせ
    体の中心でもある内蔵が冷やされることにより自律神経の働きによって手足の温度を頭部に持っていく現象です。
  • 低体温症
    体や衣類が濡れた状態で冷気に晒され体温が急速に低下するのが低体温症、体の中心でも体温が35℃しかなく進行すると凍死する。
  • 冷え性
    体が一部が慢性的に冷されているために常に体が冷えている感覚に悩まされるのが冷え性、女性に多いが男性でも2割り程度は該当します。