オフィスで仕事をしていると室温は自分で決められず、オフィスでは出入りする人が全員心地よく過ごせる室温にするのは難しいものですね そのため体温管理が難しくなってきます。私達のように冷えのぼせで悩んでいてもオフィスの上空は熱帯・足下は極寒のような気候の中で過ごすことになります

冷えのぼせの人が冷えを感じず仕事をするのはなかなか難しいですね。空調から遠かったり、男性の多いオフィスで設定温度が低めであったりする場合もあります。

ツライ冷えのぼせですが、ちょっとした対策でいくぶん楽になるものです。今回は、オフィスを快適な楽園にする冷えのぼせ対策の裏技についてご紹介します。

デスクワークをしながらこっそり運動

足冷えのぼせの人が特に冷えを感じるのは、膝から下にかけてでしょう。足の指などは、氷のように冷たく感じることもありますね。
脚の冷えは、血行が悪くなっていることが大きな理由ですが、オフィス内でデスクワークをしていると、なかなか運動の機会も無く血行は改善しません。

そこで、デスクワークをしながらでも出来る体操で冷えのぼせ対策をしましょう。
ます、座った状態のまま足の指を大きく広げます。ぐっと力を入れて広げた後は、ふっと力を抜いて、足の指を内側に曲げます。
足の指で、グーパーグーパーするイメージですね。これを何度か繰り返します。

オフィスでBGMが流れているなら、それに合わせれば調子もあがりますし、パソコンへの入力作業のスキマごとに動かすのも良いですね。何度か繰り返していると、指先の冷えが和らいできます。

また、足首を回したり足を振るように動かすのも、血行改善に良い運動です。

あまり早い動きをすると、貧乏ゆすりのように見えてしまうかもしれないので、ゆっくりと動かすのが良いでしょう。

コピー機を使っているときには、背伸びしてかかとを上げて、もどしてを繰り返すと良い運動になります。座っているときよりも筋力を必要とするので、より温まりやすいです。
このように、ちょっとしたスキマを利用して冷えのぼせ対策をとることができます。

腰にカイロで全身ぽかぽか

カイロ2冷えのぼせで手足が冷たく感じるとき、冷えている部分を直接温めることが多いかと思います。
ですが、冷えているときには、脳が身体の重要な部分から熱が逃げないようにしなければと考えて働いています。このとき身体は、血管を収縮させて末端に行き渡る血液を少なくして、熱が発散されてしまうのを防いでいる状態なのです。
この状態で手足を温めても、そのときは温かいのですが血液がなかなか温まりません。そのため、根本的には冷えが解消されないのです。
そのため、手足が冷えているときには、内臓に近い太い血管がとおる部分を温めるのがおすすめです。
身体にとってとても大事な内臓周辺が温まれば、末端に血液を送っても大丈夫と脳が判断します。また太い血管が通っているところを温めれば、温かい血液を沢山末端に送り出すことが出来ます。
実践しやすい対策法は、腰にカイロを貼ることです。

朝に貼れば夜まで暖かいですし、インナーに貼れば外からは目立ちません。
じんわりと腰まわりが温かくなり、手足もそれほど冷えないようになりますよ。
ただ、場合によってはカイロが熱くなりすぎてしまうことがありますので、注意するようにしてください。熱いと感じたまま貼り続けると、低温やけどになってかぶれたりすることがあります。インナーの上に腹巻きをして、腹巻きにカイロを貼るようにしたり、熱くなってしまった時には腰との間にハンカチやタオルを挟んだりするなど、やけどしないよう注意して使いましょう。

オフィスでの飲み物にも気を使って

白湯オフィスでは決まった飲み物しか用意されていないこともありますね。コーヒーや緑茶が多いのでは無いかと思います。

しかし、カフェインの入っている飲み物は利尿作用があり、身体を冷やしてしまうことにつながります。
そこで、カフェインが入っていない飲み物を、温かくして飲むよう心がけてみましょう。

最もおすすめなのは、白湯です。白湯を飲むことにより内側から身体が温まります。また、代謝が促進されますし、毒素を排出してむくみをとることにも役立ちます。そうすると血行も良くなってきますので、長期的に冷えのぼせを改善する効果もあります。
周囲がコーヒーを飲んでいるのに、自分だけ白湯で浮いてしまわないかと思う方もいるでしょう。どうしてと聞かれることもあるかもしれませんが、冷えのぼせだからと素直に話してみてはいかがでしょう。それでもコーヒーを強要してくる人はいないでしょう。
白湯が苦手な人は、カフェインの入っていないお茶にしてみるのが良いでしょう。ルイボスティーなど、カフェインが入っていませんし、温かくして飲んでもおいしいのでおすすめです。

先ほどからコーヒーは冷えのぼせの敵のように書いてきましたが、実はコーヒーの香りには血管を拡張させて血流を良くする効果もあります。カフェインが入っているので、摂り過ぎは冷えにつながりますが、香りを楽しみ少量を飲む分には、冷えのぼせにとって良い面もあります。

以上のように、ちょっとした対策で、冷えのぼせでもオフィスで過ごしやすくなるでしょう。
つらい冷えのぼせは気分も落ちて、仕事の能率にも響いてしまいます。簡単な対策を色々と試して積み重ねて、冷えに負けずに頑張りましょう。