冷えのぼせに効果がある果物についてご紹介します。今の季節に旬ともいえるリンゴですがリンゴには様々な効果があり冷えのぼせにも効果があるのがわかりました。
西洋の諺で一日一回リンゴを食べると医者が青くなるともいわれていますね

でも医者が青くなるということは失業するということなんですかね もしかしてお医者さんは一定数の患者がいなければ生活できないつまり患者が病気になるの待ち望んでいるのですか・・・・
まあそこまで勘繰ることはないんですが今の季節のリンゴ美味しいですね 私は柔らかめの食感がするオウリンが好きなんですが皆さんはどうですか?

リンゴの特徴や効果

リンゴ冷えのぼせ改善を期待する場合には、冷えのぼせ原因にもなる血行不良を治す事が望ましく、食べる事によって体の内側から温める効果のある食材は沢山あります。

果物は全般的に体を冷やす陰性食材ではあるのですが、リンゴに関しては冷えのぼせ改善に有効であり、これは胃腸を綺麗にしたり、1日1個リンゴを摂取すれば医者知らずと言われる程に体に有益な果物です。

という事はリンゴは体を温める陽性食材に分類されるかと言うと、
リンゴは陰性でも陽性でも無い中間の中庸と言えるポジションなのですが、
胃腸状態を改善出来る所に冷えのぼせ改善のパワーがあると言えます。

リンゴの特徴としては不溶性食物繊維が多く含まれていて、これは整腸作用が高い事で知られているのですが、不溶性は消化されずに腸にまで達する事になり、そこで腸内の善玉菌繁殖に効果があるのです。

腸内腸内環境改善にリンゴは優れた効果がありますから、お腹の調子を整える効果が全面に出される事が多いですが、冷えのぼせの方の多くは腸の環境が整っていない事が多く、胃腸の健康状態を良い状態に出来なければ冷えのぼせを根本的に改善させるのは難しくなります。

腸内環境が整うと、腸の栄養吸収や老廃物除去のパワーがアップし、体全体の循環が良くなる特徴があり、逆に言えば腸内環境が悪化していると腸壁から有害物質が血中に入り、血液循環も悪化して代謝や免疫力低下も起こりますから、結果的に冷えのぼせに繋がっていく可能性が高いです。

リンゴは血中コレステロールを減らす働きもありますから、それによって血液サラサラ効果にも優れており、こうしたリンゴの血流改善効果は冷えのぼせのキーポイントになります。

血行不良になる要素を少しでも取り除いていく事が冷えのぼせ改善に繋がり、そういう意味でもリンゴは体を温める陽性食材では無いものの、抜群の冷えのぼせ改善効果がある食材です。

リンゴを1日1個摂取して、血流や腸内環境を整えて、その上で陽性食材を摂取し、陰性食材を控えるという事が相乗効果を産みます。

冷えのぼせの方は寒い時期は特に果物を食べないよう注意している例は多く、果物は体を冷やすという風に捉えている事も原因ではあるのですが、リンゴは冷えのぼせ改善に有益な果物です。

もちろん食材の力で冷えのぼせ改善を行う意識は大切ですが、血流改善や代謝アップを行う為には適度な運動や筋肉を付けてあげる事は有効であり、日常生活に運動を加えながら冷えのぼせ改善に有効な食材摂取を行う事が望ましいと言えます。