そろそろ生理になるけれど、どうも暑くてつらい、生理になってから、特に運動をしたわけでもないのにのぼせる

そんなことはないですか?生理中は体の様々なところに変調が起こる時期です。また、生理前にもさまざまな変化が体調にあらわれてきます。私も生理前になると頻繁に手足が冷えて頭がのぼせる冷えのぼせがおこります。ただでさえ体がだるく辛いのに毎月憂鬱な気分になってしまいます。

毎月生理になる頃に起こる冷えとのぼせはどうして起こるの?

のぼせ
生理中になると腰痛や頭痛、乳房のハリや痛み、便秘や倦怠感といった、生理前の女性に特有の症状がでたり、特に理由もないのにイライラとしてしまったり、とても憂鬱な気分になって気持ちに浮き沈みがみられたり、落ち込んだりしやすくなったりします。ストレスを感じやすくなったり、不安感があってどうにも落ち着かない気持ちになってしまうというメンタル面での様々な不調や症状が見られたりします。

また、生理前から生理中の不快な症状であるのぼせは、特に運動をしたわけでもないのに、頭がカーッとしてしまったり、暑くなってしまって、冷や汗が出るという人もいるのではないでしょうか。このようにのぼせがあるととてもつらいですよね。
例えば、腰痛や頭痛、乳房のハリや痛み、便秘や倦怠感といった、生理前の女性に特有の症状がでたり、特に理由もないのにイライラとしてしまったり、とても憂鬱な気分になって気持ちに浮き沈みがみられたり、落ち込んだりしやすくなったりします。ストレスを感じやすくなったり、不安感があってどうにも落ち着かない気持ちになってしまうというメンタル面での様々な不調や症状が見られたりします。

また、生理前から生理中の不快な症状であるのぼせは、特に運動をしたわけでもないのに、頭がカーッとしてしまったり、暑くなってしまって、冷や汗が出るという人もいるのではないでしょうか。このようにのぼせがあるととてもつらいですよね。

しかし、なぜ生理前や生理中になるとのぼせるといった不快な症状がでてしまうようになるのでしょうか?何が原因でこのような不快なのぼせがこの時期に起こるのかということは、毎回のぼせがある人にとってとても気になることですよね。そこで、生理前ののぼせの原因などについて説明したいと思います。

のぼせの原因を知ることで、対処法を考えることができます。生理は毎月あるものですから、毎月つらい症状があると、生理の度にブルーになってしまいます。上手に対策しながら、できるだけ快適な生理期間を過ごすためにも、どうすれば改善できるかについて知っておきましょう。

じつは、このような不快なのぼせの原因は冷えのぼせだといわれています。どうして冷えるとのぼせるのだろう?と不思議に思われるかもしれませんが、
毎月ある生理をもたらすホルモンの変化が、冷えのぼせに関連しているといわれているのです。

生理中のぼせは冷えのぼせの状態

生理生理中などにのぼせが起こる原因について説明したいと思います。女性の体は、生理前や生理になった頃、体がだるかったり、のぼせたりする症状が出てきやすくなります。また、ひどい人だと立ちくらみを起こしたりしてしまうこともあるといわれています。

このようなのぼせの原因は、女性ホルモンが大きく関わっていると考えられているのです。女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンという2種類があります。生理の予定の少し前からエストロゲンとプロゲステロンのホルモン量に変化が見られます。

生理前頃は、プロゲステロンが大量に分泌されるようになるのです。このような現象が起こると、身体のホルモンのバランスが変わってきます。そうなると体温が変化して、立ちくらみやめまいなどが生じやすくなるのです。

生理は受精が起こらなかった時にありますね。生理前は、受精卵が着床できるように子宮内膜が厚くなっています。しかし、受精が起こらなかったことで子宮内膜は必要なくなってしまい、子宮からはがれて排出されます。その現象が生理なのです。

そして、子宮はまた次の受精卵のために新しい子宮内膜を用意して着床の準備を行うのです。その入れ替えが生理で、
生理時には体の排出物を出すために体温が上昇するのです。体温が上昇するので、のぼせやすくなって、体全体には熱がこもっていきます。

そうなると、体温も通常より2度から3度も上がるともいわれています。2℃くらい体温が上昇すると、ほてると感じることがあると言われているのです。そして、体がのぼせたり、だるかったり、立ちくらみ起きたりするという症状が現れやすくなるのです。

のぼせという状態になっている時、手足は冷たいのに頭や顔だけ暑いという状態になっています。これはホルモンのバランスの変化により内臓が冷やされ血流が頭部に集められている状態で冷えのぼせという症状です。身体の中に血液が手足から頭部に集まるアンバランスな状態です。

生理中の冷えのぼせに気を付ける事

ナプキン原因が分かったので、生理中はどのようなことに気を付けることが良いのか説明していきたいと思います。

生理中は冷えのぼせに気を付けることが大切です。体温が変化して手足などが特に冷えやすくなります。冷えるということは血流が悪いということですので、全体的な冷えを解消することが大きなポイントになります。

冷えのぼせを解消するには血行を促進することが重要だといわれています。まずは体の中と外から温めることを念頭に置いて改善を図りましょう。体の中から温める方法としては下腹部の保温に気おつけお腹を冷やさないようにします。具体的にはチューブ・トップなどを着用して外気からの保温につとめます。同時に発熱作用のある生姜・唐辛子などを使用した食材を摂取して体の発熱作用を促します

また外から温める方法として、例えば靴下を履いたり、冷えやすい服装をしないということが挙げられます。大腿部を出すと冷えやすくなりますから、体を覆う服装をしたり、カイロを利用するという方法もあります。冷えている部分を温めたり、冷やさないように工夫をすることが大切です。

血行を促進するには入浴も有効な方法です。お風呂に入ることで身体が温まりますので全身の血流がよくなります。お風呂から出た時に体を冷やさないような工夫もおすすめです。半身浴でぬるめのお湯にゆっくりとつかると、湯冷めをしにくいといわれています。

そして、血液がドロドロになってしまうと、血流が悪くなるといわれていますので、水分を摂るなどして、血液をサラサラにするようにしましょう。冷えを防ぐという意味から水分は温かいもので摂るのが理想的です。

さらに、血液の流れをよくするには食生活見直すという方法もおすすめです。砂糖のたくさん入った食べ物を摂ると身体を冷やしやすいといわれますので、糖分の摂りすぎには注意をするようにしましょう。体を温める食物を摂るようにするのもおすすめです。

このように、冷えのぼせを改善するには、普段の生活ってけっこう大切ですね。生理などの時に冷えのぼせがあってつらい!という場合、まずは体の中から保温をすることに気をつけましょう。体の中から温めて体の代謝力を上げることが生理中の冷えのぼせを上手く乗り切る秘訣です