こんばんわ いかがお過ごしですか?

いよいよ冬に向けて秋が深まってきましたね

急激に気温が低下すると冷えのぼせを発症する人も多くなるようです

このブログのアクセス数をみても秋→冬にかけてアクセス数が多くなり

暖かくなる春頃になると低下することを見てもわかります

さて今回はなぜ秋になると冷えのぼせを発症する人が増えるの考えてみました

夏の疲れが秋に冷えのぼせを招く

夏暑い
猛暑が続いた夏も終わり涼しげな風がふきさむ秋をむかえました

そんな私達の体は夏の暑い時期に対応し疲れています。

営業など一日の大半を屋外で過ごしてきた人は暑さのため多量の水分を摂取していると思います

過剰に摂取した水分が代謝されずに体内に残り内臓温度の低下を招いていた事でしょう

また冷房の効いた部屋で仕事をしてきた人は外気温よりはるかに低い冷気に身をあててしまい

必要以上に体温の低下を招いた事と思います

夏の間に多量に摂取した水分や冷気に当たりすぎた為に体調は疲れ切っています

人間は夏の間は基礎代謝を下げて体温が上がり過ぎないように調整するシステムがあるのですが

快適な生活を求めて必要以上に体の負担をかけてしまっていることが多いようです

夏に酷使した体が秋にかけて不調を訴えて冷えのぼせを発症するケースが多々あります

秋に冷えのぼせが発症する理由

いぬ
暑かった夏が終わり日々寒さが厳しくなってくる秋になぜ冷えのぼせが多くなるのでしょうか?

それは夏から冬に気候が変わるときに体の状態も夏用→冬用に変わる過渡期にあるからです

犬を飼育した人なら解かるのですが春から夏には細く通気性のよい体毛に変わり

秋から冬には産毛を多く含んだ体毛に変わります

人間の体も体毛の生え変わりはありませんが自律神経を初めとした体調の変化はみてとれます

6月頃に急に暑くなったりすると体が夏用に対応していないために熱中症が続発します

熱中症になる人は気温が一番高い8月よりも気温が急に上昇する6月の方が2倍も多いという統計結果もあります

それだけ人間の体は急激な気温の変化に順応するのに少しの時間が必要です

急激に気温が下がることによる弊害

緊張
秋に急激に気温が下がることにより自律神経の切替がスムーズに移行できません

実は夏の暑い時期は副交感神経が優位に働いている状態なのです

副交感神経はリラックスの神経ともいわれ体を受動的にする神経です

副交感神経が優位に働くことにより血管が拡幅し脈拍が遅くなり心臓の力が弱くなります

まさに夏の暑い時期にダラーとしてしまうのは副交感神経が優位に働いているからなんですね

しかし冬になると外気温から体温を守るために皮膚の毛穴を閉じたり心拍数をあげて血圧をあげるために

交感神経が優位の状態に変化します

交感神経が優位になる事により心臓の鼓動が増え脈拍も上がってきます

体温を外に逃がさないようにするために緊張の神経ともいえる交感神経が優位になります

秋に急に気温が下がることにより自律神経の切替がスムーズに移行しません

そのため急に下がった気温に対応できず必要以上に体温を外に逃がしてしまい

内臓温度を含む体の中心部が冷えすぎてしまいます



自律神経の乱れによる冷えのぼせの発症

頭痛い3
普通の冷え症とは違い手足が冷えてから顔や頭部に熱を帯びる症状を冷えのぼせといいます

冷え性の場合は体の末端部分が冷たく感じてしまう症状ですが

冷えのぼせの場合は手足の冷えと同時に頭部に血流が集まり顔や頭に熱を持ってしまいます

外気温の急激な低下のストレスを交感神経が過剰に感じ取り血管を収縮してしまいます

体の末端にある毛細血管まで血液が流れ辛くなりさらに手足の冷えを感じてしまいます

しだいに体の末端から中心部に冷えが進行する過程により自律神経は血液を体の最重要部位でもある頭部に集めようとします

これが外気温の低下による冷えのぼせのプロセスともいえます

冷えのぼせを軽減するには副交感神経を優位にな状態にして血管を緩めて体の隅々まで血液と体温を送り届ける事が大切なのですが

体の温度が全体的に低く低温に順応できないゆえに気温の急激な変化に対応できず冷えのぼせになってしまいます。

秋になったら早めに衣類を変えていく

ストール3
気温の変化にわれわれ人間は衣類によってしか対応できません

動物であれば夏毛から冬毛に自然と切り替わりますが人間の場合は気温の変化は衣類で調整します。

最近の天気予報は一日の気温の変化についてもグラフを使って詳しく説明してくれます

一日の最低気温は夜明け前の朝方で最高気温は14時前後になります

一日の最低気温をベースにして服装の組み立てをしてください

東京の気温の場合

26℃以上~ 半袖でも過ごせる気温  8月の暑さ    

21~25℃  長袖の出番です     9月お彼岸の頃

16~20℃  長袖の上に一枚羽織って 10月紅葉の始まり

12~15℃  冬用のアウターを使用  11月霜が降りる

7~11℃   冬用のコートを出す   12月年末の気温

~6℃    低温注意 防寒対策を   2月厳寒期

一日のうちで14時くらいが一番気温が高いのですが秋はつるべ落としといって

日が暮れるのが早く17時くらいには真っ暗になります

それにともない温度が急激に下がってしまいます

そんな時は保温性の高い生地のストールを巻くなどして温かさを保ってください

まとめ

夏の疲れが出やすいのが秋の季節

秋に冷えのぼせを発症しやすいのは夏から冬に向けて体調が変化するから

急激な気温の変化に自律神経が順応できず冷えのぼせを発症しやすい

秋は一日のなかで急激に気温が低下するので一枚羽織るようにする