冷えのぼせに悩む方にはこれからの季節は辛いですよね。特に冷えのぼせは女性に多いと言われますが、足先が冷えてしまって眠りに付けなかったり、手がかじかんで思うように動かなかったりと不都合なことも多いものです。
そこで冷えのぼせを改善するための2つのポイントをお伝えしようと思います。

体の冷えは首から

まずは「首」をすっぽり覆うことです。最近のファッションでは手首や足首など出すところは出すファッションが女性を繊細やセクシーに見せてくれると謳っています。
しかし冷えのぼせに悩む人にこのようなファッションは大敵です。特に足首の近くには冷えのぼせに効果的なツボが集まっており、ここを温めてあげることで全身の血の巡りをよくすると言われています。逆に言えばこの部分を冷やしてしまうと血流が悪くなり、冷えへとつながってしまうのです。ファッションも気になるところですが、冷えていては肌色もくすみ、ダイエットをしている人であれば新陳代謝の低下により思うように体重も減らないはずです。温かい体を手に入れてこその美なのでそこは我慢して冷えのぼせを改善することを優先しましょう。何も手首・足首・襟元などを露出することだけがファッションセンスをアピールするポイントではないはずです。なるべく重ね着・厚着をしながら自分なりのファッションを見つけてみてください。
%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc

甘酒としょうがで体の中から保温

これまでは外側からのケアについてお話したので2つ目は内側からのケアです。
冷えのぼせに悩む人にとって是非とも摂取してもらいたいのが「甘酒」と「生姜」です。最近では冬場になると期間限定でジンジャーラテのような商品が出ていたり、クリスマスにはジンジャーブレッドがあったりと冬の寒い時期には生姜が効果的なことが知られています。生姜は代謝を促し、体の内側からポカポカと温めてくれます。はちみつとすりおろした生姜を入れたドリンクを自家製で作ってもよし、調理に生姜を入れてもよし、安価な価格で手に入れられるので是非とも食卓に欠かさないアイテムにしましょう。チューブのしょうがも売っていますが、効果を考えると生のしょうがの方がおすすめですよ。千切りにして薬味として煮魚や麺類に入れてもとても美味しく頂けます。
また甘酒は最近ブームになっていますが、体を温めてくれるだけでなく、体に嬉しい栄養成分が多数含まれているので、常にストックしておくと便利です。甘酒はアルコール分0%のものも多いので妊婦の方や妊活中の方でもお飲みいただけます。冬場には温めて飲んであげると満腹感も得られ、ダイエットにも最適ですよ。