寒さが厳しい冬になりましたね・・・

最近私の周りでも風邪でゴホゴホと咳込む人が増えました。

みなさんも体調には気をつけて下さいね

ところで風邪の初期症状でもある微熱がある人はいませんか?

この微熱の状態が本当の風邪の初期症状なのか?

それとも冷えのぼせによるものなのか?区別が付きづらい時がありませんか?

今回はその微熱の正体を探るべく色々と調べてみました。

微熱とは高熱(38℃)以下の段階の体温

体温
微熱とは高熱(38℃)以下の体温をさします。体温計で計かったときに37℃~37.9℃までの体温をいいます。

大昔の水銀入り体温計を見てみると37℃の所が赤くなっています。

脇の下で計測した時に37℃を超えると体調が崩れる目安になってします。

健康な人は脇の下(腋窩温)で平均36℃です。身体の内部の体温が平均37℃で推移しているので身体の

外側にあたる脇の下では36℃に下がってしまします。

人間の体温は1日の内に±1℃で変化しますが脳の視床下部の体温調整中枢で調整されているのですが

何かの原因でその調整機能が異常な状態になり正常より高い体温に設定されることにより発熱という状態に

なります。

発熱の過程

微熱の原因として考えられるのは細菌・ウイルス・毒素などの異物が体内に侵入すると生体ないではマクロファージ

や好中球などがこれらを排除するために活性化する 活性化したマクロファージや好中球はインターフェロンや

インターロイキン1などのサイトカインと呼ばれる発熱物質を放出する

その結果、発熱物質が脳内に運ばれ体温調整機能をもつ視床下部で作用して発熱がおきる

細菌・ウィルスの体内侵入
体内侵入

        

マクロファージ・好中球の活性化
好中菌

        

マクロファージ・好中球から発熱物質放出
活性化2

        

視床下部(体温調整機能)・体温を高温レベルに切替
体温上昇
      

熱産生(体温を産生する) 熱放散の抑制(体温低下を防ぐ)
身体が燃える 足冷え

        

高体温へ移行
高体温へ移行

ただし体温を調整しているのが脳の視床下部という部位なのでウイルスや細菌の外部侵入以外でも体温を調整する視床下部が脳梗塞・脳損傷・脳出血などで

損傷を受けたとると体温の調整ができないために発熱することもある



微熱を発生する原因と症状

微熱が発生する原因と随伴症状をまとめてみました。何かしらの病気に羅漢している場合は微熱以外でも

随伴症状として他の症状を発生します。

37~38℃の微熱が続いていて風邪のような状態の場合は近くの内科を受診してください

ただし検査をうけても異常がないか原因が分からない場合は紹介状を書いてもらいさらに

大きな病院で徹底的に検査をすることになります

確実な病名を知るためには設備の整った病院で血液検査、腫瘍マーカーなどを検査する必要があります。

微熱が発生してから7日~以上続く場合は専門の機関で検査してください
検査

微熱が発生する原因と随伴症状

肝硬変・肝臓癌
黄疸、むくみ、全身の倦怠感、食欲不振、嘔吐

悪性腫瘍
食欲不振、体重減少、貧血、白血球の増加

慢性骨髄性白血病
食欲不振、脾臓の腫れ、全身倦怠感、貧血

慢性関節リュウマチ
手足のこわばり、関節の腫れ、関節の変形

肺結核
せき、たん、全身倦怠感、顔のほてり、食欲不振

慢性中耳炎
耳痛、耳だれ、耳鳴り、頭痛

虫垂炎
右下腹部痛、心窩部痛、食欲不振、嘔気

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)
首の腫れ、眼球突出、動悸、発汗、手足のふるえ、頻脈

慢性膀胱炎
腰・背中の鈍痛、排尿痛、頻尿、血尿

エイズ
全身倦怠感、寝汗、体重減少、リンパ節の腫れ

ウイルス・細菌以外の微熱とは

ストレス
ウィルスや細菌などが外部から体内に侵入したりすると身体の免疫機能でもあるマクロファージや好中球などが

活性化して発熱物質を放散して発熱をおこします。

微熱がでるのは風邪などの原因がある場合以外では体温調整の異常から発生してる場合があります。

体温調整をする自律神経が失調した場合も身体の機能のコントロールが上手く行きません

自律神経は身体の体温調整を始め鼓動・呼吸・発汗・血管の収縮拡張など人間が生きるための調整を

自動で行っています。

例えば暖かい部屋から寒い外に移動すれば身体の末端の血管が通常時の1/10まで収縮して身体の中心の

体温が外部に漏れないように自動的に調整します。

身体の末端の毛細血管を収縮することにより相対的に身体の中心部に血液をあつめ身体の中心部(脳・内蔵)

の体温を守ろうとします。

寒い時に手足が冷たくなりかじかむのも自律神経の作用により体温を逃がさない工夫をしてるともいえます。

しかし自律神経失調症など自律神経の調子が乱れてしまうと寒い所にいても末端の血管が拡張したままになったりして

必要以上に身体の体温が低下して風邪を引きやすくなる事があります。

たとえば過度なストレスにより自律神経が乱れてしまい身体の体温の調整ができない事があります。

自律神経の乱れによって寒い所に行って必要以上に身体が冷える事もあれば

身体の熱が納まらず体温が微熱を発し続ける事もあります。

寒いとことから暖かい所にいくと顔の赤みが納まらなかったり頭が必要以上にのぼせたりするのも

自律神経の交感神経と副交感神経があるうち常に交感神経が強く副交感神経が弱い状態になります

要するにアクセルを全開で踏み続けているような状態になるその結果により

手足が冷えて上半身がのぼせる冷えのぼせの状態になります。

自律神経が乱れて体温調整がうまくできない事も微熱が発生する原因になります。

まとめ

ウィルスや細菌が外部から身体に入ることにより、これらのウィルスや細菌を排除するためにマクロファージや好中球が

活性化する。その際にマクロファージや好中球が発熱物質を放出して脳の視床下部に影響を与え体温の調整を発熱へと移行する

外部(ウィルス・細菌)→体内に侵入→微熱発生

発熱の状態が継続的に続き微熱として認識される。何かしらの発熱原因がある場合は内科にて原因を検査して対応します。

しかし内科で検査しても稀に原因が特定できない場合があります。

その場合は自律神経失調症という病名で片付けられてしまいます。

自律神経は身体の恒常性を保ち日常生活を支障なくおくれるように調整してくれます

しかしストレスなどの原因により自律神経が乱れることにより血管の収縮・拡張に支障がでて

体温の調整が上手く行かないことも多々あります。


自律神経の乱れ→血管の収縮→微熱発生

冷えのぼせも同様に自律神経の乱れにより体温の調整がうまくできないことにより発生します。

冷えのぼせの特徴は手足が冷えて顔がのぼせる症状です。

初期の冷えのぼせの場合は身体の外部が冷えて寒気がするので風邪の初期症状と類似しています。

顔がのぼせることにより微熱を感じて気分が悪くっなったり吐き気をもよおしたりすることでしょう

身体が冷えているのでそのまま風邪などに移行することも多々あります。