冷たい飲料が内臓温度を下げる

手足が冷たく頭部が暑く火照る冷えのぼせは内臓温度の低下が原因です。
体の体温が外気やストレス、食料などの影響により低下することにより冷えのぼせの人は一般的に体の内部の発熱量が少なく外気に体温を奪われ易くなります。必要以上に水分を補給したりすると体が芯から冷えてしまいます。水分を多く摂取すると内臓は直に冷されてしまいます。

私もそうなんですが無意識のうちにペットボトルを購入して机の上に置いて喉を潤す事はありませんか?来客があったさいにお出しするコーヒーと違いペットボトルは飲みかけでも蓋が出きるので常に一本机の上に置いて置かないと不安になるんですよね 本当に喉が乾いた状態ではなく口が乾いた程度で水分を補給するのはまずいのではないでしょうか・・・

冷たい飲料

%e3%82%b3%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%a7%e9%a3%b2%e3%82%80夏の暑い時期に冷たい飲料を飲むと喉に刺激があり美味しく感じますが、胃や腸に飲料が入っあと飲料と内臓温度の差温が等しくなるまで体温との熱変換により少しずつ体温が低下します。夏に飲むコップ一杯の水200ccの温度は5℃以下の場合,一時的に冷たい水によって胃や腸の内臓温度が下がります。夏の暑い中冷たい水がを飲んだときお腹がキュルキュルと違和感を覚えたりお腹の調子が悪くなる事がありますがこの時体の内部が冷やされている証拠ともいえます。水で冷やされた胃や腸の温度が元の37℃に等しくなるには時間にして40分程度かかります。その間に体の内部にある体温は少しずつ冷されてしまいます。冷たい飲料が少しずつ内蔵温度を下げる原因です

体が順応する危険性

冷える内臓を冷やす怖い理由は人間の体は冷やされる度に体が無理に順応するために冷えに対して感覚が鈍くなってしまうことです。例えば辛い香辛料を多くとっている国(インド)の人は舌の感覚が麻痺してしまい余り辛く感じなくなるといいますが、それは舌の感覚だけが麻痺してる状態で体内に取り込む際に様々な作用を及ぼすと言われています。冷たい飲料を多く摂取する事も同様に喉や舌はすぐ順応しますが内臓には少しずつ悪影響を及ぼしています。内臓温度が37℃から36℃に1℃体温が下がるだけで免疫力が30%低下し基礎代謝も15%ほど低下します。暑い時期に冷たい飲料は口や喉に刺激があるのでついつい飲んでしまいますが、意識的にその部分を変えることで体の負担を減らす事が可能です。冷えのぼせを改善するには暑い時期にどうしても冷たい飲料を飲みたくなった時は氷水でうがいをしてみませんか?口や喉を氷水で冷やすだけでも擬似的に喉の渇きが一時的に納まります。そのあとに定温のお茶をゆっくり飲むことにより内臓の負担はかなり減ります 冷えのぼせ対策としてお腹を中から冷やさないようにする工夫を実践してみましょうね。